scalaプログラマが活躍している分野は、主にwebプログラミングの世界です。
また、scalaを習得していることから、専門性の高さを評価される場合もあります。
それはJavaなど、オブジェクト指向言語の知識の他に、関数型言語の知識もあると評価されるためです。
言語の特徴としては、関数型言語とオブジェクト指向言語のハイブリッド言語です。
オブジェクト指向言語は、現在、開発の言語での主流ですが、関数型言語の有用性の高さはアカデミックの世界で研究されて評価されているものの、実際の開発の現場では学習コストの高さから使用されるケースは少ないものでした。
理論的背景の知識の理解にも、数理論理学や圏論など数学的知識が必要となり、敷居の高いものでした。

scalaの登場によって実用的な言語になり開発の現場で用いられるようになりました。
実際に、TwitterやLinkedin、スイス銀行など大手の企業にも採用され、実績が出て有名なったのです。
使用するメリットとして言語の開発者のマーティン・オーダスキーは著書で4つあげています。
第一にJava言語との互換性です。具体的にはJavaの豊富なライブラリを使用することができます。
第二に簡潔性です。Javaのコードの半分以下になります。
第三に高水準であることです。複雑なコードを抽象性の高い立場から見直し、簡潔なコードにすることができます。
第四に静的型付け言語であることです。これによりプログラムの抽象化の保証や安全なリファクタリング、ドキュメント性が向上します。
これらの理由により支持示され、オープソースコミュニティの活動も現在活発に行われています。