プログラマにとって、どのプログラミング言語を専門的に学ぶかは重要な問題です。
しかも、プログラミング言語は、200種類前後も存在します。
実際に仕事で使われるのは、20種類前後とは言え、20種類から学ぶ言語を選ぶのは大変です。

そんな数多くのプログラミング言語の中で、魅力的な言語の1つがscala(スカラ)です。
scalaは、主に海外のIT企業で人気が高いプログラミング言語で、既にTwitter社やLinkedIn社で開発言語として採用されています。
また、国内のIT企業でもScalaを採用する会社が増え始めています。
プログラミング言語を選ぶ上で、中長期的な需要の予測は不可欠です。
その点、Scalaは海外人気をきっかけに国内での需要も増えそうなので、scalaプログラマのニーズは増えて行くと予想されます。

将来的な需要の高さだけでなく、Javaとの親和性の高さも魅力の1つです。
ScalaはJavaプラットフォームで動かせる上に、Javaライブラリも使用できます。
国内外で高い人気を誇るJavaのライブラリを使い放題なのは、プログラマにとって大きな魅力です。
しかもJavaに比べコード行数が少ないので、開発効率に優れています。
このように多くの魅力があるScalaですが、関数型オブジェクト指向という少し複雑な言語なので初心者が手を出すには難しい言語かも知れません。
最初は互換性の高いJavaを勉強し、その後にScalaの習得に入るのが無難でしょう。
今後、更に需要が高まるScalaを紹介したサイト■■http://hajimerunara-scala.com■■参考になるかもしれないのでURLを貼っておきます。