IT業界でプログラマとして働くためには、プログラミング言語の習得が必要であり、これから目指す方は何かしらの言語習得が求められます。
プログラマの仕事は多岐にわたり、プログラミング言語を駆使してシステムの構築、ソフトウェア開発、アプリ開発などを行います。それらに用いられるプログラミング言語は様々です。
何を学ぶと良いと言える訳でもなく、目指される分野や就職したい企業において求められている言語を中心に習得を目指すと良いかもしれません。

プログラマは雇用されて働く以外にも、フリーランスとしての道があります。
クラウドソーシングサービスなどが充実しており、誰にでもチャンスがある働き方でしょう。
雇用されて働く上でのリストラや解雇の不安解消、自由な時間の確保などメリットもあるため、独立も視野に入れて業界への就職を検討してみると良いと言えます。
しかし、独立までを視野に入れると、多くの言語を活用できる方が仕事の選択肢も増えてきます。

将来を考慮するのであれば、早めに多くの言語を学んでいくと良いです。
どのような言語を学んでいくと良いとは一概には言えませんが、scalaなどは候補に入れておいた方が良いかもしれません。
scalaは多くの方に利用されているようなソーシャルネットワークサービスでも用いられている言語であり、これからも使用機会はあるでしょう。
IT業界で長く働いていくためにも、効率良く言語習得を行なっていくと良いです。