以前は、インターネットでのアクセスはパソコンオンリーといっても過言ではなく、限られた媒体のみに合わせて作成すれば問題がありませんでした。
もちろんメーカーやOSによって違いがあり、分かりやすい例ではMacとWindowsで画面が違って見えることがあり、そういった誤差をなくすために制作側は努力を重ねてきました。

それが現在では、パソコンのOSだけではなく、スマートフォンやゲーム機、テレビでも接続が可能となり、プログラミングがより高度で難しくなってきています。
プログラマやエンジニアの業務内容そのものは変わっていなくとも、求められる質はかなり高くなっているのです。
ただ作業するプログラミン言語も初期に比べ、使い勝手がよいものが登場しています。
その中でもscalaはおすすめの言語です。
こちらの特徴は、オブジェクト指向と関数型プログラミングの両方を行えて、さらにJavaにも対応可能という利便性の高いものです。

求められるシステムの水準が高くなる場合、従来のプログラミング言語を使っていては時間がかかってしまう場合がありますから、時と状況に応じて使い分けるといいでしょう。
業務内容によって使い分けができれば、作業効率が上がり結果的に自分が楽になります。
マスターするまでは人によってやや時間がかかるかもしれませんが、、覚えてしまえば利便性が高く作業がしやすくなるでしょう。
業務内容にあった言語を身につけることは大切になります。