IT技術職は、エンジニアからプログラマまで専門分野によって細かく職種が分かれています。
全体的な特徴として、仕事における作業で個人の力量が重要視されるところです。
大型のプロジェクトでチームを組んだ場合でも、最終的にまとめても途中経過はそれぞれ個人で行う場合が多くなります。
そういった面から独立しやすく、フリーランスや個人事業主として活動している人も多いです。
ただ独立は誰でもできますが、成功するための安定した収入を得るのは難しく、最初は誰でも苦労するでしょう。
大切なのは下準備です。
事前に人脈を築いておくこと、ノウハウを学ぶことなど、本業以外にも学ばなければいかない項目はあります。

さらにプログラマの場合は、効率性も重要となります。
会社での仕事は、時間がかかっても納期以内に仕上げれば問題ありませんが、フリーランスは働いた分がそのまま収入につながりますから作業効率は重要です。
それゆえ、使いやすいプログラム言語のscalaの取得をおすすめします。
こちらは、オブジェクト指向と関数型言語の特徴を結合しており、さらにJavaにも対応している使い勝手の良いものとなっています。

独立で成功するには、スキルや知識が確かであるのはもちろん、作業効率性も重要になります。
何より、使いやすいプログラム言語を見つける必要があります。
その上で下準備をしっかりと行っておけば、成功へと近づけるでしょう。